低血圧に効くサプリ|病気の元凶を断ち切ろう

ファミリー

女性に多い全身症状

女の人

効率的に摂取する工夫

「貧血」は、毎月の月経などの影響もあり、男性よりも女性に多く見られる傾向にあります。赤血球中のヘモグロビンまたは赤血球の数が、基準値を下回っている状態です。赤血球は全身細胞へ血液を運搬する働きをしているため、基準値を下回った状態では、体内細胞が酸欠状態となり、様々な不調が身体全体に現れます。貧血と診断された場合には、積極的に鉄分を摂取することが必要となります。鉄分を多く含んだ食べ物を摂ることはもちろん、好き嫌いせず野菜中心のバランスが良い食事を心がけることが大切です。更に、ビタミンCは鉄分の吸収を促進するため、一緒に摂取することが推奨されています。逆に、鉄の吸収を阻害するタンニンを含む食品は、摂取を控える方が良いとされています。これらの工夫をすることによって、鉄分を効率的に摂取することが出来ると言ったメリットが得られます。

種類別にみられる特徴

貧血の特徴には、以下のことが挙げられます。先ず、突発的に発症するものではなく、少しずつ進行していくため、なかなか気付きにくい傾向にあります。発症原因は様々であり、それらが起因して身体の酸素が欠乏状態になるゆえ、貧血では全身に症状が現れると言うことも特徴のひとつです。貧血には、鉄欠乏性・失血性・続発性・ビタミンB1や葉酸欠乏性・再生不良性・溶血性といった、様々な種類があり、それぞれに特徴があります。貧血の中でも、最も多いと言われている鉄欠乏性の特徴には、異食症・爪の変形・味覚や嚥下障害が該当します。失血性なら出血、あらゆる病気が起因している続発性、ビタミンB1や葉酸が不足して生じるビタミンB1や葉酸欠乏性、血が止まらなくなるなど難病の一種である再生不良性、赤血球の寿命が極端に短くなる溶血性などが、それぞれの特徴です。